ジェイスコアの審査についてをどこよりも詳しく解説!

J.Score(ジェイスコア)は、ずほ銀行とソフトバンクが共同出資して設立した新しい貸金業者で、個人向けの融資のサービスを行っています。


ここまでは大手が共同運営するごく普通のキャッシング業者と感じますが、他社と明確に異なるのが、「「AIスコア・レンディング」というAIが利用者に質問を行いそれを答える事で、スコアリングが行われます。


そのスコアリングによって融資金額と金利が決まるといった仕組みになっています。


あらかじめ、スコアリングによって融資を受けれる金額と、金利が分かるのは画期的で、これまでは契約前にカードローンやキャッシング業者に言われるがままに金利と貸付金額を決められていましたが、事前に納得した上で申し込みを行えるのはこのジェイスコアが初です。


これまでのカードローンやキャッシングと違う部分はこれだけじゃありません!


このサイトは、そんな全く新しい個人向け融資のジェイスコアをどこよりも詳しく解説する事についてに特化したサイトです。
ジェイスコアで分からないことはこのサイトではすべてわかるので是非参考にしてもらえますと幸いです。



    J.Score(ジェイスコア)のスペックについて

    まず、ざっくりとジェイスコアの商品スペックについてを説明していきます。


    最短で即日融資も出来る!
    実質年率 0.8%〜12.0%
    借入限度額 10万円〜1,000万円
    融資時間目安 最短即日
    土日祝日即日融資 非対応
    カード発行

    なし

    振込反映時間目安

    振込依頼後15分〜30分程度

    24時間365日振込対応 

    平日の14:50までに振込依頼が必要



    ジェイスコア「AIスコア・レンディング」の最大の魅了はこれ!
    • 個人向け融資(カードローンやキャッシング)の中でも圧倒的に低金利(0.8%〜)であること!
    • 最大融資金額は1,000円!借り換えやおまとめにも最適!
    • 事前に審査でどれくらい融資を受けれそうか前もって分かる!
    • まだサービス開始から間もないので顧客数を増やすために審査期待値が高い!

    もう目に付いた人もいると思いますけど、何といってジェイスコアの魅力は低金利であるということ!!!

    当たり前ですけどローンって低金利であればあるほど良い!というのは既にご存知の方も多いと思います。
    今のカードローンの金利の相場って、貸付限度額が50万円以下の契約の場合は大手消費者金融が、18.0%。銀行カードローンが14.5%前後が大体の相場です。


    ジェイスコアはなんと、最低で0.8%!、最高でも12.0%と最初からカードローンよりも低金利が約束されているという超ハイスペックなローンなんです!!
    更に、申し込みをしてから最短で即日で融資を受けれるので、お金を借りたいと考えたら、ジェイスコアを利用しなければ損というレベルなんです。


    ジェイスコアの審査について知っておきたいこと

    ジェイスコアの高スペックがわかったところで、審査に通らなければ元も子もありませんよね。
    審査に関しては他社とちょっと異なるので実際にどういった流れになるのかを解説していきますね。


    まず、ジェイスコアの融資についてですが、ジェイスコアって難しい用語が多くないですか?

    • AIスコアレンディング
    • 人工知能によるスコア算出
    • フィンテックを活用した個人向け融資

    思わず、なんか難しそうだけど人工知能が貸付金額や、金利を決めてくれて、それで貸してくれとお願いしたら貸してくれる仕組みっぽい・・・。


    こんな感じですよね(笑)。


    こんな感じの解釈が出来てる人はほとんど正解です。


    ものすごく簡単にまとめると、精巧な審査シミュレーションを行っている振込専門のキャッシング業者の事です。

    ジェイスコアは、大手消費者金融のプロミス、アコム、アイフル、SMBCモビットと同じ貸金業者です。


    金融庁の貸金業者の一覧表を見れば分かりますが、ジェイスコアは


    登録番号 登録年月日 貸金業者名 法人番号

    関東財務局長
    (1)第01510号

    平成29年2月16日 株式会社J.Scоre 8010001178918

    ※情報取得日2018年11月4日
    引用元:https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasi.pdf


    となるので、すごく分かりやすくまとめるとジェイスコアの審査は、


    すごく精巧な審査シミュレーションを使った振込融資専門のキャッシング業者


    というまとめ方がピッタリ当てはまります。


    そして貸金業者であるので、審査内容は、他の大手消費者金融のプロミス、アコム、アイフル、SMBCモビットとほぼ同じです。
    審査内容は、具体的には以下の2点です。


    • 申込者本人の返済能力
    • 他社ローンで、金融事故を起こしないのか?

    ジェイスコアも他の業者と同じく、この2点を審査で問題なければ審査は通るので、これら2点の重要な部分のみを以下で個別に説明していきますね。


    申込者本人の返済能力について

    まず、申込者本人の返済能力です。
    例え、誰が見ても素晴らしい人物であると言われる人であってもお金がないと借金も返せません。


    という事は返済を行う為に、安定した収入が必要になるわけです。
    ということでまず、ジェイスコアの審査を通るための大前提は、仕事をしていること!です。


    なので、学生や、専業主婦などで毎月親から仕送りをしてもらっている、旦那から生活費をもらっているという場合は、安定した収入としてカウントされません。


    なんでかというと、本人の収入じゃないからです。なので学生や専業主婦の人でジェイスコアの審査に通りたい場合は、一旦、アルバイトかパートをしなくてはならないということです。


    そしてもう一つが、ローンの信用情報というのは、全て共有されるので、どのローンへ申し込みをしても審査の際に、この人はいくら融資を受けているというのは明確な数字を把握します。


    ジェイスコアは、貸金業者で、AIスコア・レンディングとかっこいい名前ですが、総量規制の対象となります。
    つまり、他社のカードローンやキャッシングと合算し、年収の1/3以上の融資を受けることが出来ません。


    例えば、年収が300万円の人なら最高で100万円ほど融資を受けれますが、既に50万円の融資を受けていた場合はジェイスコアへ申し込みをしても50万円までしか融資を受けることが出来ないということですね。


    なので、まず大前提としては、いくらジェイスコアで160万円まで融資出来ます!とAIが判断したとしても、本審査の時に総量規制の範囲内で更に返済能力は毎月この程度だと審査担当者が判断した金額までしか貸付限度額は設定してもらえないということです。


    他社ローンで、金融事故を起こしないのか?

    何度も言いますが、ローンというローンは全て契約した業者や新規申し込みを受けた業者は共有します。


    という事は、A社で何度も遅延や延滞を繰り返していると、信用情報が傷ついたり、また債務整理をしているなど金融事故を起こしてしまっている場合などは、例えAIが融資OKというスコアリングをしたとしても、審査に通る事はありません。


    AIスコア・レンディングの審査の流れについて

    融資を受けるまでに他社よりも1段階多い流れになっています。


    • AIスコア診断
    • 仮審査申し込み
    • 本審査
    • 契約
    • 融資

    この流れで融資を受けることが出来ます。
    他社の場合は、最初の時点で仮審査申し込みなので、AIスコア診断を行う必要があるので、一手間掛かるのですが、あらかじめ融資を受けることがわかった上での仮審査申し込みとなるので、審査に対しては利用者の利益を考えるとジェイスコアの方が上であると考えられます。


    仮審査申し込みを行うまで、申し込み情報は信用情報に記載されないので、申込ブラックになる事もありません。


    ジェイスコアの審査に通るなら他の銀行カードローンでも、大手消費者金融でもほぼ審査に通ると考えれるのでスコア診断だけでも行っておくというのは非常にメリットが多いので、是非診断されておくのがおすすめですね。


    AIスコア診断について

    AIスコア診断ですが、手順は至って簡単です。


    AIスコア診断を行うまでのボタン操作イメージ


    公式サイトのAIスコアを確認してからお申込みを選べばスコア診断が始まります。


    急いでいる人は、そのままお申込みで申込を行えます。


    これらの違いは、AIスコア診断を行って融資OKと判定された場合は、申込出来ますが、OKと判定されなかった場合は申込が出来ません。
    逆にそのままお申込みというのは、スコア診断と融資の可否を同時に審査を受けることが出来るのでスコアの判定は関係なく申込が出来ます。


    てっとり早いのはそのままお申込みの方を選んだほうだ早く融資を受けることが出来ます。


    ここでは一旦、AIスコアを診断し、先にスコアを出してみました。


    LINEみたいな感じで質問を進めていくとスコアが表示される!

    メールアドレスを登録するとコードが届くので認証すれば会員登録が完了です。
    会員画面にログインされると、会話形式で質問がいくつか言われます。


    年齢や職業、学歴などですが、これを答えていくと最初の時点でのスコアが表示されます。


    私の場合は、スコアは731点というスコアになりました。


    AIスコア診断で表示された限度額と金利


    貸付限度額が220万円。
    そして、金利が11.3%という結果に!


    他社の場合だと、大概、50万円の18.0%程度の契約なので、驚異の好条件である事が分かります。


    この条件がどれだけ通るのかこのままレンディングの申込を行います。


    仮審査は、AIスコア診断と相違があればマイナスポイントに!

    スコア診断が完了すれば今度は仮審査申込となります。


    ここで審査される項目は以下となります。

    • AIスコア診断時に入力した内容が本当なのか?
    • 他社ローンの借入はどれくらいあるのか?
    • 他社ローンの遅延や延滞などやらかしないのか?
    • 返済していく能力はあるのか?

    主にチェックされるのはこの4点です。
    AIスコア診断時に、スコアアップを狙って嘘の情報などの記述をする人もいるので、この仮審査時にチェックします。


    住所や氏名、会社の勤め先など具体的な内容の入力も必要です。


    また、ここで初めて申込者の信用情報にアクセスし、現在借りているもの、終了したローンの過去の情報などをここで把握し、ローンの信用能力はどれくらいなのかのチェックと、今の年収でどれくらい毎月返済していくお金の余力があるのかチェックします。


    結果的に、スコア診断の結果と大きく異なる事があるので、AIスコア診断は出来る限り正確な情報を入力するようにしましょう!


    仮審査でOKなら本審査はほぼ通ると考えてもOK!

    これで仮審査結果によって、○○万円の融資を○○%の金利で融資出来るという返答が来るのでこれで条件として納得出来た場合は、このまま本審査に入ります。


    本審査の内容は、至って単純で、仮審査時に記入した内容で

    • 勤め先に本当に勤めている事が確認できること
    • 申込者が本当に本人なのか

    という事を証明出来れば完了です。


    これを証明するのは、運転免許証などの本人の身分証明書を写真で送る事。
    そして、会社への在籍確認の電話が完了すれば無事完了です。


    審査完了後は、振込で融資を受けることがいつでも出来る!

    審査が完了すれば後は契約をするための説明を受ければ後はいつでも、融資を受けることがホームページ上やアプリで出来るようになります。


    振込融資を依頼すれば大体15分〜30分程度で融資を受けれる事が出来ます。


    ジェイスコアの審査まとめ

    いかがだったでしょうか?最後にジェイスコアの審査についてをまとめてみました。


    • ジェイスコアのAIスコア診断は他社の審査シミュレーションに相当する
    • 仮審査時に条件が変更となることもある
    • スコア診断時に嘘をついてスコアを伸ばしても無意味
    • AIが全て審査してくれるわけではない
    • 審査申込時間が早ければ最短即日融資も受けることが出来る

    金利にこだわりたいという人にはAIスコアレンディングは非常におすすめ!
    総量規制に該当しない場合は、50万円以上の融資も受けやすいですし、更にはどれだけMAXの金利に契約したとしても、結果的に他社よりもほぼ確実に低金利になるという部分ではまさに敵なし。


    一発振込で終わる、フリーローンと違い、限度額の範囲内借りたい時に借りれるので、便利に使えること間違いなし!
    土日は振込融資が出来ないので注意が必要ですが、突発的ではなく計画的に使える人にはジェイスコアはホントに便利です!


    AIスコア診断は無料で出来るので診断だけでもされておくと今の自身の信用力はどれくらいなのか把握出来るのでまずは無料でスコア診断されてみてください!